用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【テレワーク】

  • SOHO
  • スモールオフィス・ホームオフィス
  • ソーホー

 コンピュータ業界でいう SOHO(ソーホー)は、Small Office Home Office の略。意味はそのまま、小さな事務所と家庭の事務所だ。ニューヨークにある街の名前とは特に関係ない。

 日本でも一時、サテライト・オフィスとか在宅勤務といって、郊外の小さなオフィスで仕事をしたり、家で仕事をしようという気運が盛り上がった。まさにこれが SOHO で、当時はテレワークとも呼ばれていた。

 その背景には、通勤を楽にしようとか事務所経費を減らそうとか、いろいろな理由があった。しかし、パソコンとインターネットなどの通信方法が進歩して実現可能になったという点も大きい。企業側にも、良い結果を出せば勤務形態は問わない。逆に、そうしないと優秀な人材を確保できないという認識が出てきたともいわれた。

 しかし日本では「やはり顔を合わせないと」という意識が根強く、アメリカに比べると SOHO で働く人はあまり増えなかった。住宅が狭いので、仕事をしたりパソコンを置くスペースを確保しにくいという事情もあった。ほかにも、仕事の時間と自分の時間の区別が難しい、お父さんが家にいると主婦の仕事が増えるとか、いろいろあるらしい・・・。

 一方、結婚退職して育児のために働きに出られない主婦が、パソコンを使って自宅で仕事をしようという動きも見られた。ただし、こちらも受注体制や料金体系など課題が多かった。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top