用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【テレビ会議システム】

  • ビデオ・カンファレンス

 テレビ会議システムは、離れた場所にいる人同士がテレビ画面で相手を見ながら会議するための装置。2地点をつないだ1対1の会議だけでなく、多地点を結んだ会議も可能だ。

 テレビ会議のことを、英語ではビデオ・カンファレンス(vide conference)という。

 かつて、テレビ会議システムというと、大型テレビを中心にした大がかりな装置を指すことが多かった。テレビのほかに、映像を撮るカメラ、声を拾うマイク、映像や音声をデジタルデータに変換したり戻したりするコーデックという装置、スピーカーなどがセットになっている。

 これらの装置が、参加するそれぞれの場所に必要。多地点会議の場合は、多地点接続装置(MCU)という装置も必要になる。資料などを映し出すために、書画カメラを使うこともある。

 最近は、パソコンにCCDカメラとマイクを付けた簡単な装置でテレビ会議に参加することも可能になっている。これだと、テレビ電話感覚で使うこともできる。

 映像や音声の送受信は、かつてはISDN を使う方法が主流だった。このほか LAN を使う方法もあった。

 テレビ会議のメリットは、まず出張に伴う時間と費用を抑えられること。テレビ会議は、システム自体の価格も高いし、通信費用もかかった。しかし、出張にともなう交通費や移動中の人件費を計算すると、テレビ会議の方が安上がりというのがメーカーの売り文句だった。

 また、地方にいても海外にいても、必要なときすぐに会議に参加できる。さらに、重要な人物が移動したり、一カ所に集まるリスクを軽減する効果も喧伝された。

 このほか、無人店舗などでテレビ会議システムを通じてお客さんと接したり、監視装置として使うなど、利用法も広がっている。

 なお最近は、パソコンやインターネット回線の性能が向上したため、パソコンに簡単な CCDカメラを付けただけで簡単にテレビ電話ができるようになっている。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top