用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【テレビキャプチャボード】

  • TVキャプチャボード

 家庭向けのパソコンのなかには、テレビ番組を見たり、テレビ番組を録画したりできる機種がある。デスクトップパソコンの場合、こうした機能は普通、TVキャプチャボードという拡張ボードで実現している。つまりパソコン本体に、そういった基板が組み込まれている。

 で、このような機能を提供する基板、つまりTVキャプチャボードは周辺機器(内蔵用の部品)としても販売されている。これを買ってきて自分でパソコンに組み込めば、テレビ機能に対応していないパソコンでも番組を見たり録画したりできるようになる。

 また、TVキャプチャボードは、ビデオキャプチャ機能に対応したものが多い。つまり、ビデオキャプチャボードを兼ねている。この機能を使うと、ビデオ映像をパソコンに取り込んだり、映像の一部を静止画として取り込んだりできる。

 ただし、TVキャプチャボードが使えるのはデスクトップ型のみ。そして、PCIバスに空きが必要だ。ノートパソコンや省スペースパソコンなどで拡張ボードを組み込めない場合は、TVキャプチャユニットと呼ばれる外付けタイプを使うといい。

 なお、テレビ番組はハードディスクに録画されるので、そのための空き容量が必要だ。テレビ番組のような映像はデータ量が多いので、少なくとも数十GBは欲しいところ。長期保存する必要のない番組は、見たら削除できる。一方、残しておきたい番組は、書き込み型DVDなどに移すといい。

 また、テレビを見るためには当然、アンテナをつながないといけない。TVキャプチャボードを付けると、パソコンの背面にアンテナ線の接続口ができる。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top