用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ツールバー】

 ソフトの画面で、よく使う機能を実行するためのボタンが並べられた部分。

 ウィンドウズパソコンでワープロソフトや表計算ソフト、ブラウザーや電子メールソフトといったアプリケーションソフトを起動すると、画面の上のほうに機能ボタンが並んでいる。具体的には「開く」「上書き保存」「印刷」といったボタン。この、ボタンが並んでいる横長の帯の部分をツールバーという。

 このツールバーは、画面を広く使うため表示しないように設定することもできる。もちろん設定を戻せば、また表示される。多機能なソフトだと、標準では表示されていないツールバーも多い。

 どのツールバーを表示するか、あるいは表示しないか、それは各人の使い方に合わせて設定すればいい。設定方法はソフトによって違うけど、たいてい「表示」メニューの中にツールバーの表示に関する項目がある。

 また、ツールバーを右クリックして隠れている機能を表示させることもできる。その中のいくつかは、独立したボタンの集まりとして表示されることもある。これをフローティングパレットという。

 もうひとつ、MS-IMEやATOKといった日本語入力ソフトを使っていると、画面の右下あたりに小さなボタンが並んだ帯状のものが表示される。これもツールバーという。

 ただし、このツールバーは画面の上下左右あるいは真中でも自由に移動できるので、必ずしも右下にあるとは限らない。また、MS-IMEの場合はタスクトレイに入っていることもある。

つの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top