用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【チャット】

 かつて、パソコン通信で人気が高かった機能のひとつ。最近は、インターネットのホームページ上や、各種メッセンジャーで利用できるものが多い。

 チャットは、簡単にいうと文字によるリアルタイムのお喋りだ。当初は、たまたま同じ時間にチャットのコーナーに接続してきた人が自由に会話するものだった。話しの内容は、ほとんど雑談のことが多い。どこかの喫茶店で、たまたま居合わせた人が意気投合して話しに花が咲く、という状況をインターネット上で文字を使ってやっていると思えばいい。

 仮に今、あなたがどこかのチャットコーナーに参加したとしよう。すると、他の参加者が書いた文章(普通は単語ひとつから1行程度の短文)が画面に表示される。別の人が、その文章に対して何か書くと、それも画面に表示される。適当な状況で自分も何か書き込むと、それがそのとき参加している全員の画面に表示される。

 自宅にいながら、日本中あるいは世界中の人とリアルタイムで会話できるのがスゴイ。それと、自分も他の参加者も、本名も、顔も、性別も、年齢も、肩書きも、何も分からないし問われないのも魅力のようだ。そのため女性になりすます男(ネットおかま)も出てくる。

 文字で会話をするというと、何か不自然な感じがするかもしれない。しかし、ハマると時間がたつのを忘れるほどハマる(そういう人が少なくない)。電話料金やプロバイダーの定額制が普及する前は、あとで電話代やアクセス料金の請求を見てビックリ、なんて話しにこと欠かなかった。

 なお今は、インスタントメッセージ(メッセンジャー)などを通じた1対1のチャットが増えている。この場合は、電話のように二人だけの会話になる。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top