用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ダイレクト・エックス】

  • DirectX
  • ダイレクトX

 ウィンドウズで、動画や音声(音楽や効果音)などを、いきいきと再生するための技術、あるいはソフトの総称。ウィンドウズ版のゲームソフトには「別途、DirectX 10.0以降が必要」などと書いてあることがある。

 ウィンドウズはもともと、ワープロや表計算など事務的な用途に使うことが多かった。そのため、動きの激しいゲームなどは得意ではなかった。このような状況を解決するために開発されたのがダイレクトX(エックス)というプログラムだ。

 今のパソコンは、最初からダイレクトX対応になっている。少し古いパソコンだと、パソコンメーカーから必要なソフトを取り寄せて組み込めば対応できることが多い。さらに古いパソコンだと、ソフトを取り寄せても対応できないことが多い。

 具体的な対応具合は、自分が使っているパソコンメーカーに確認してみるといい。ホームページで情報を公開したり、必要なソフトを引き出せるメーカーもある。あるいは、マイクロソフトのホームページからも最新のダイレクトXをダウンロードできる。

 また、ゲームソフトに必要なソフトが付属していることもある。ただし、ゲームに付属のソフトが、ほかのソフトに必要な設定を変えてしまったりパソコンの動きを不安定にすることもあるようなので気をつけたい。

 ダイレクトXは、実際には目的別のたくさんのソフトに分かれている。たとえば 2次元画像に対応する DirectDraw、3次元画像に対応する Direct3D、サウンドに対応する DirectSound といった具合。うしろに 8.1 や 11 といった数字が付いているけど、これはダイレクトXのバージョンを表している。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top