用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ダイヤルトーン】

  • ノーダイヤルトーン

 電話機の受話器を持ち上げると、「プー」とか「ツー」といった音が聞こえる。これが、ダイヤルトーンだ。この音が聞こえるということは、通話できる状態になっているということ。

 かつて、一般の電話回線(アナログ回線)を使ってインターネットにダイヤルアップ接続していたころ、モデムはまずダイヤルトーンを確認していた。そして、ダイヤルトーンが返ってきたらアクセスポイントの電話番号を送り出す。

 モデムを使ってインターネットに接続するとき、よく聞いていると最初に「プー」という音がするのが分かった。

 モデムが接続しようとしたとき、最初にダイヤルトーンが返ってこないと、通信ソフトなどの画面に「ノー ダイヤルトーン(No dial tone)」といったメッセージが表示されることが多かった。つまり、「ダイヤルトーンが聞こえない」という意味だ。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top