用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ダイヤルアップ接続】

  • ダイヤルアップIP接続

 かつて、個人や家庭でインターネットを利用するには、一般の電話回線(アナログ回線)とモデム、あるいはISDNとTAを使うのが普通だった。このように必要なときだけ電話回線を使って接続する方法を、ダイヤルアップ接続という。

 なお、より正確には、ダイヤルアップIP接続という。この意味は、IP接続のページを見てほしい。

 インターネットへの接続方法として、ほかに専用線接続がある。これは、専用線と呼ばれる通信回線で24時間つなぎっぱなしにしておくもの。インターネットは、専用線接続が本来の使い方だといわれた。しかし、お金がかかるので個人や小規模オフィスでは導入が難しかった。

 今は、光回線やADSL、CATV(ケーブルテレビ)といったサービスを使うことで、家庭でも負担できる金額で事実上の常時接続ができるようになっている。詳しくは、常時接続のページで。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top