用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【タップ】

  • OAタップ
  • 電源タップ

 どの言い方でも、ほとんど同じものと思っていい。パソコン用品や電気製品の売り場へ行って「タップ」といえば、コンセントの差し込み口がたくさん並んだ延長コードのことだ。

 正確には、コードではなく、コンセントの差し込み口が並んだ部分がタップになる。コードがなくて、壁などのコンセント口に直接差して口数を増やす器具もタップと呼ばれている。

 パソコンを使っていると、たくさんのコンセントが必要だ。パソコン本体だけでなく、ディスプレイやプリンタ、外付けの周辺機器など、ほとんどの機器が個別に電源を必要とする。

 単に電源をとるだけなら、家電製品などに使う通常の電源タップでもいい。しかしパソコン店では、パソコン用に便利な機能を付加したタップも売られている。

 まず、タップ自体に電源スイッチがあって、一斉に電源を入れたり切ったりできるものがある。この場合、パソコンの電源を切ったあとでタップの電源も切ると周辺機器の電源を一斉に切ることができる。ただ、次にパソコンの電源を入れる前にタップの電源を入れないといけない。そのため、パソコンのオン/オフに自動的に連動するタイプもある。

 より実用性の高いのが、雷サージからパソコンや通信機器(モデムやルーターなど)を守ってくれるタップだ。雷サージは、雷によって発生する異常な電圧。これによってパソコンや通信機器が壊れることがある。サージ対策機能が付いたタップを使うと、雷サージの被害を受けにくい。必ず守られるという補償はないし、普通のタップより値段が高い。しかし、保険のつもりで使っておく方がいいと思う。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top