用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【タスクバー】

 ウィンドウズ(95以降)の画面で、通常は一番下にある帯の部分。

 タスクバーの左端には「スタート」ボタンがある。右端には日本語入力ソフトやスピーカーなどのアイコン、時計などが並ぶタスクトレイがある。ウィンドウズのバージョンによっては、ここを通知領域と呼ぶこともある。そして、アプリケーションソフトやウィンドウを開くと、その名前がスタートボタンの右側に並んでいく。

 最初に「通常は一番下」と書いたのは、タスクバーは画面の上にも右にも左にも移動できるため。タスクバーの真ん中あたりにマウスカーソルを合わせて、ドラッグ&ドロップで移動したい位置(上、左、右)へ持っていけばいい。下に戻したければ、同じ操作で戻せる。

 タスクバーの高さ(幅)を変えることもできる。タスクバーと画面の境目にマウスカーソルを合わせると上下の矢印になるので、左ボタンを押したまま調整すればいい。一番細い状態にすると一本の線のようになり、タスクバーの機能が使えなくなる。この場合は、あわてず元の幅に戻せばいい。

 あるいは、普段は表示しないようにすることもできる。タスクバーの真ん中あたりを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。「タスクバーのオプション」の「自動的に隠す」の前にチェックをつけて画面を閉じる。すると、タスクバーが画面の下に沈む。

 タスクバーの機能を使いたいときは、マウスカーソルをタスクバーが隠れている辺に近づければいい。つまり、画面下部に隠れているならカーソルを一番下に持ってくる。そうすると、タスクバーがスッと現れる。ほかの辺でも同じだ。

 なお、最近のウィンドウズは通常、上記の設定変更ができなくなっている。その際は、タスクバーを右クリックして「タスクバーを固定する」を選び、アタマのチェックマークを外せばいい。

 タスクバーは、ウィンドウズの特徴的な機能で便利だけど、解像度が低いディスプレイでは画面を狭くする。使いやすいように調整しよう。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top