用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【タグクラウド】

 ここで言うタグは、インターネット上のウェブサイトや画像データなどに付けられた付加情報のこと。通常は、そのサイトやデータを分類するための単語(キーワード)になっていることが多い。

 たとえば、テレビの実売価格を比べるサイトなら「家電」「価格」「比較」といったタグが付くだろう。花の画像データには、「花」「写真」「自然」といった言葉が付加されるはずだ。

 このように、ウェブサイトやデータにタグを付けて分類することをフォークソノミーという。タグクラウドは、フォークソノミーによって付けられたタグを利用して、そのサイトやデータの人気の高さや重要性が分かるようにしたものだ。

 具体的には、ソーシャルブックマークや画像共有サービスと呼ばれるサイトを開くと、トップに検索語が一覧表示されていて、その文字の大きさが異なっていることがある。なかには、フォント(文字の種類)が違ったり、文字に濃淡があるケースもある。

 この場合、文字が大きいほど、文字が目立つほど、その情報やデータの重要性が高い、あるいは人気が高いことになる。それが、一目で分かる仕掛けになっている。これが、タグクラウドだ。

 タグクラウドの画面は、どんどん変化していく。たとえば、大きなニュースがあると、それに関連しキーワードをクリックする人が増えて、その文字が大きく表示されるようになる。

 なお、タグクラウドの「クラウド」は「雲」という意味の cloud だ。画面上に、いろいろな文字が大きく小さく浮かんでいる様子から雲がイメージされたらしい。クラウド・コンピューティングと直接的な関係はないけど、タグクラウドもウェブ2.0 のひとつとされている。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top