用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【タイムスタンプ】

 文書や画像などのファイルに付いている、作成日時や更新日時のこと。

 たとえばウィンドウズで、ドライブのアイコンやフォルダを開いた場合、通常は中身が大きなアイコンと名前で表示される。しかし、画面上部の「表示」メニューから「詳細」を選ぶと、小さなアイコン、データのサイズ、ファイルの種類、更新日時が一覧表示される。この中の、更新日時がタイムスタンプにあたる。

 マッキントッシュの場合、マックOSのバージョンによって違いがあるものの、やはり「表示」メニューから「リスト」などを選ぶと一覧表示になってタイムスタンプ(修正日)が表示されることが多い。

 こうしたタイムスタンプは、ファイルが作られたときや上書き保存されたときに自動的に付けられる。日時は、パソコンの中に組み込まれている時計(RTC)から読みとられる。そのため、時計が狂っているとタイムスタンプも正確でなくなってしまう。

 ウィンドウズの場合は、通常、画面右下にある時刻表示を右クリックして「日付と時刻の調整」を開くと時計の調整ができる。マッキントッシュの場合は、コントロールパネル(マックOS Xはシステム環境設定)から「日付&時刻」を開くと調整できる。

 最近では、コンピュータ・ネットワーク(LAN)やインターネットを通じてファイルを送受信する機会が増えている。タイプスタンプが狂っていると、他の人に迷惑をかけることがあるので、時計を合わせておこう。

たの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top