用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ソーア】

  • SOA
  • エスオーエイ
  • サービス指向アーキテクチャ

 SOA は、Service Oriented Architeccture の略で、日本語では「サービス指向アーキテクチャ」ということがある。また、通常は「エスオーエイ」と読むけど、ときには「ソーア」ということもある。

 で、SOA とは何かというと、大きなコンピュータシステムを開発するとき、サービスと呼ばれる複数のプログラムを組み合わせて構築する手法だ。なんて言っても、システム開発を仕事にしている人でないとイメージしにくいと思う。

 たとえば、企業の受注管理システムを作るとしよう。お客さんから問い合わせがあると、在庫を確認して発送の手続きをする。その際に納品書を発行して、後日、請求書を発行する。受注と同時に売り上げに計上しないといけない。簡単な作業のようでも、さまざまなコンピュータシステムが連係して動くことになる。

 従来は、それぞれのプログラムを個別に開発していため、うまく連係が取れなかったり、全体を一括で開発するため巨大なプロジェクトになったり、なかなか大変だった。

 そこで、在庫確認、発送手続き、請求、売上計上といった機能を、それぞれ個別のプログラムをして開発することにした。これらのプログラムを「サービス」と呼ぶ。そして、個別のサービス同士でデータ交換する方式(インターフェース)だけ統一しておく。で、あとでこれらのサービスを連係させて、ひとつの大きなシステムとして使う。これが、SOA だ。

 ソフトウェアを開発するとき、部品単位のプログラムを組み合わせて使う手法は以前からあった。SOA の場合は、各プログラムが独立したソフトウェアとして動く点が新しい。

 SOA を実現するための具体的な手法として、Webサービスが有望と言われている。

その一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top