用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ソリッド・ステート・ドライブ】

  • SSD

 ハードディスクの代わりにフラッシュメモリーを使った記憶装置。

 現在、ほぼすべてのパソコンにハードディスクが内蔵されている。そして、その中に基本ソフト、アプリケーションソフト、文書や画像などのデータが保存されている。

 ハードディスクは容量も大きいし、容量の割りに値段も安い。小型化も進んでモバイルノートにも格納できる。一方で、デメリットもある。

 まず、衝撃に弱い。金属などの堅いディスクにヘッドと呼ばれる部品でデータの読み書きをするため、動作中に衝撃があるとヘッドがディスクに当たって傷をつけてしまう。すると、データが壊れるだけでなく、ハードディスク全体が壊れて読み書きできなくなる可能性が高い。

 次に、物理的にディスクを回転させるので消費電力が大きい。ノートパソコンをバッテリーで使うときは、特に深刻な問題になる。

 重さも軽視できない。特にモバイルノートは極限まで軽量化を進めているのに、ハードディスクは金属のケースに密閉されているため、どうしてもある程度の重さになってしまう。

 さらに、データの読み書き時間も問題だ。ハードディスクの読み書きは、LANやインターネットの通信時間に比べたら格段に速い。しかし、メモリーなどパソコン内部の部品と比較すると、かなり遅い。そのため今は、ハードディスクからデータを読み出す時間が、パソコンの起動や動作の足を引っ張るカタチになっている。

 以上の点を解決し、特にモバイルノートの性能を高めるために、最近は容量の大きなフラッシュメモリーをメインの記憶装置として使う機種が登場している。この記憶装置を、ソリッド・ステート・ドライブと呼んで、SSD と略すことが多い。

 SSD のメリットは、衝撃に強く、消費電力が少なく、軽く、読み書きが速いこと。つまり、従来のハードディスクの欠点をすべて補う。

 ただし課題もある。まず、ハードディスクに比べるとまだ容量が少ない。そして値段が高い。しかし、ハードディスクの代わりに SSD を使う機種が増えれば、量産効果によって容量アップと価格低下が期待できる。

 具体的には、従来の SSD は SLC といってひとつの素子に1ビットの情報を記録する方式だった。しかし最近は、MLC といってひとつの素子に多ビットの情報を記録する技術が広まっている。

その一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top