用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ゼン】

  • Xen

 1台のサーバーで、複数の基本ソフト(OS)を動かせる仮想化技術のひとつ。

 通常、1台のコンピュータは1種類の基本ソフトで動かすのが基本だ。もちろん、パソコンもそう。しかし昔から、大型コンピュータの場合は、その中に仮想的なコンピュータを作って、本当は1台なのに複数のコンピュータがあるように見せる技術があった。

 パソコンやサーバーの普及や高性能化に伴って、一時はそれぞれ単独で使う方式が主流になっていたけど、最近また仮想化技術を使って1台のコンピュータで複数の基本ソフトを動かすケースが増えている。特に、データセンターなどでサーバーを大量に動かすとき使われることが多い。

 Xen(ゼン)は、こうした仮想化を実現するためのオープンソース方式のソフトウェア。Xen を使うと、1台のサーバーの中で複数のリナックスやウィンドウズを同時に動かすことができる。

 特徴は、最初に起動する仮想マシンが、他の仮想マシンを管理すること。1台目の仮想マシンで動く基本ソフトを管理OS と呼んで、2台目以降の基本ソフトはゲストOS と呼ばれる。

 なお Xen は、ギリシャ語の xenos という単語から派生した言葉だといわれる。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top