用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【セールス・フォース・オートメーション】

  • SFA

 SFAは、営業活動を助けるための業務用ソフト全般を指す言葉で、Sales Force Automation の略。1台のパソコンで使うソフトではなく、コンピュータ・ネットワーク(LAN)上で使ったり、複数のコンピュータ・システムを組み合わせたもの。

 たとえば顧客のデータベース、あるいは商談の記録、さらにグループウェアを使った営業マン同士の情報交換など、こうした情報の共有や仕組みによって営業活動を効率アップするのがSFAの目的だ。

 従来、営業の仕事は営業マン個人個人の能力や、やる気しだいと考えられていたこともあってコンピュータ化が遅れていた。しかし、顧客情報や商談の記録を共有できれば、業務の引き継ぎなどがあってもスムーズだし、後輩が先輩の仕事を参考にすることもできる。

 グループウェアを使えば、直接顔を合わせなくても上司に指示を仰いだり同僚に連絡や相談することができる。さらに、ノートパソコンやPDAを使って出先から商品の在庫を調べることも可能だし、電子メールで業務報告すれば直行直帰もしやすくなる。

 こうした営業活動全般を支える業務ソフトを統合したものがSFAだ。こうした機能を実現するためのコンピュータ・システム全般を指すこともある。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top