用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【センタリング】

 ワープロソフトなどで文書を作っているとき、単語や文章を行の真ん中に移動させること。あるいは、その機能。表計算ソフトで、入力した文字をセルの真ん中に表示することもできる。

 センタリング機能を使うときも、まず普通に文章を入力する。そして、センタリングしたい行を指定して(通常はマウスで反転して)、画面上部のメニューかボタンでセンタリングを指定するのが一般的。

 センタリングしたまま文字を足したり減らしたりすると、その状態で自動的に全体が真ん中に来るよう調整される。センタリングを解除したい場合は、解除したい行を指定して、左寄せを指定すればいい。もちろん、右寄せを指定すれば、その行は右寄せになる。

 表計算ソフトの場合は、セルの表示形式の中でセンタリングを指定することになる。ワープロソフトに比べると、ちょっとめんどくさい。ただし、行や列ごとに指定することもできる。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top