用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【セパレート映像端子】

  • Sビデオ端子
  • S端子

 テレビと、ビデオデッキや HDD&DVDレコーダーなどの AV機器を接続するためのコネクター。映像を送るためのもので、音声は別途ケーブルをつなぐ必要がある。セパレート映像端子を略して S端子という。

 映像の送受信には、従来、コンポジット映像端子というコネクターが広く使われてきた。しかし、コンポジット映像端子は輝度信号(Y)と色信号(C)、同期信号の 3つの信号を複合して送るため、色のにじみなど映像の劣化が大きかった。

 S端子では、輝度信号と色信号を分けて送るため、コンポジット映像端子より映像の劣化が少ない。信号を分けるため、Y/C分離タイプと呼ばれる。テレビやビデオデッキにコンポジット映像端子と S端子の両方が付いていたら、S端子を使う方がいい。

 S端子の色は決まっていないけど、一般的には黒が多い。上部がかけた金属の輪があって、その中に 5つの四角い穴が空いている。このうち 4つが、実際に信号を送るためのピンだ。

 S端子には、いわゆるワイドテレビに対応した拡張規格がある。S1端子(S1映像)、S2端子(S2映像)と呼ばれ、S1映像は画面の左右を圧縮して表示する。S2映像は、画面の上下に黒い帯が出る。

 ただし S端子は、ハイビジョンには対応していない。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top