用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スーパーG3】

  • G3 FAX
  • G4 FAX

 いずれも、電話回線を使って文書や画像を送受信するファクリミリ(ファクス)の規格。どれも、ITU-TS という団体によって標準化された国際規格だ。

 まず G3 FAX はアナログ回線に対応したもので、基本規格では A4サイズ の原稿1枚を約60秒で送信できる。解像度は 200 dpi ×200 dpi。現在、ほとんどのファクス機が 3G規格に対応している。

 その後、モデムの進化などに伴って、A4原稿1枚を家庭用では約30秒、業務用では約20秒で送れるようになった。また、同じメーカーのファクス機同士で送受信する場合、独自の圧縮技術を使ってさらなる高速化が実現されている。

 スーパーG3 は、G3規格を拡張したもので、アナログの電話回線で A4原稿1枚を最短約3秒で送信できる。現在、業務用のファクス機は、ほとんどがスーパー3G に対応している。

 G4 FAX はデジタル回線に対応した規格で、具体的には ISDN回線に接続して使う。A4原稿1枚の通信速度は約3秒、解像度は 400 dpi × 400 dpi と高性能だけど、G3規格ほど普及していない。また、光ファイバーを使ったひかり電話では通信できない。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top