用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スーパーG】

  • Super G

 アメリカのアセロス社が開発した、無線LAN ( IEEE802.11g)の通信速度を速くする技術。

 無線LAN では、データをフレームという単位に区切って送信している。そして、1フレーム送ると少し時間をおいてから次のフレームを送る。スーパーG では、このフレームを連続して送ることで送信時間を短縮している。また、1フレームあたりのデータ量を多くすることで一度に送るデータを増やしている。これを、フレームバースト転送という。

 さらに、リアルタイムでデータを圧縮して送る機能もある。普通は、圧縮すれば、それだけ送信時間が短くなる。ただし、すでに zip や lzh で圧縮してあるデータや、JPEG など圧縮されている画像を送ると、かえって遅くなることもあるという。通常の文書や、圧縮されていない画像などは効果が見込める。

 なお、この技術は、もともと IEEE802.11a と IEEE802.11g を対象にしたスーパーA/G というものだった。そこから 11a の機能を外して、11g だけを対象にしたのがスーパーG だ。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top