用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スリーディー】

  • 3D

 3D は、スリーディメンションの略で 3次元のこと。つまり、縦横高さのある世界。あるいは奥行きがある世界といってもいい。

 パソコンの世界には、3D-CG、それを作るための 3Dソフト、3D画像をスムーズに表示するための 3Dアクセラレータといった用語がある。

 ゲームなどの映像は、アニメーションとは違った奥行き感がある。それは 3D-CG の映像だから。絵としてのデータではなく、立体物としてのデータが記録されていて、そのとき必要な角度から見た画像を瞬時に計算して画面に描き出している。

 そのため、3D画像を扱うには高性能な画像表現の仕組みが必要だ。かつての画面表示機能では、3D画像をスムーズに動かすのは難しかった。しかし最近は技術が進んで、ほとんど実写映像と区別のつかないレベルになっている。

 3D画像の描画は通常、ビデオチップと呼ばれる部品が受け持つ。パソコンの場合、マザーボードに直付けされていることもあれば、3Dアクセラレータという拡張ボードに付いていることもある。3Dアクセラレータはパソコン店で売っていて、デスクトップパソコンなら自分で高性能なものに交換できることもある。

 3D-CG を描くための専用ソフトも、ピンからキリまである。個人でも使えるソフトもある。高性能なソフトは、建築パースや工業製品のレンダリング、映画の特殊効果などにも使われている。

 なお今は、3D映画や 3Dテレビといったものも普及しつつある。これらは上記の説明とは少し違って、特殊なメガネなどを使って映像そのものに奥行きがあるように見えるよう作られている。また、こうした技術も進んで、裸眼(メガネなし)でも同様に見える技術も開発されている。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top