用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スプリッタ】

 ADSLという通信サービスを利用するとき必要な機器のひとつ。通常は、他にADSLモデムという機器が必要になる。

 ADSLを使うと、普通の電話回線(アナログ回線)1本で、声の通話とインターネット通信の両方を同時に行うことができる。これは、声を伝える周波数と、通信に使う周波数が違うためだ。スプリッタは、このふたつの周波数を分けたり重ねたりする。

 なお、1本の回線をADSLの通信だけに使う(声の通話はしない)方式もある。この場合、スプリッタは不要だ。

 具体的な使い方としては、まず壁から出た電話線をスプリッタにつなぐ。そしてスプリッタに電話機とADSLモデムをつなぐ。そして、ADSLモデムの先にパソコンをつなぐ。

 通信会社側でも同様に、スプリッタを使って周波数を分けたり重ねたりしている。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top