用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スピンドル】

  • 0スピンドル
  • 1スピンドル
  • 2スピンドル
  • 3スピンドル

 スピンドル(spindle)を辞書で引くと意外にいろいろな意味が出てくる。ただし、パソコン用語として登場する場合は「回転軸」といった意味になることが多い。

 では、何の回転軸かというと各種ドライブ(読み書き装置)の軸だ。具体的には、ハードディスク、フロッピーディスク・ドライブ、CD-ROMドライブなどのこと。

 さて、ノートパソコンには、1スピンドル、2スピンドル、3スピンドルといった分類がある。これは、その機種が何種類のドライブを内蔵しているかを表している。

 本体が大柄なオールインワン型だと、ハードディスク、フロッピーディスク・ドライブ、CD-ROMドライブの3種類を内蔵している。つまり、3つの回転軸が入っている。そのため、こうした機種を3スピンドルと呼ぶ。最近は、CD-ROMドライブの代わりにCD-R/RWドライブやDVDドライブ、あるいはコンボドライブを内蔵している機種が多いけど、この場合も同じことだ。

 一方、本体が小柄なモバイル型の機種だと、内蔵しているのはハードディスクだけ、フロッピーディスク・ドライブやCD-ROMドライブは必要に応じて外付けということが多い。この場合は、1スピンドルになる。

 2スピンドルの場合は、ハードディスクとCD-ROMドライブを内蔵していることが多い。もちろん、CD-R/RWドライブやDVDドライブでもいい。なかには、これらのCD/DVDドライブを予備バッテリーと交換できる機種もある。あるいは、運搬用にウェイトセーバーを付けることもある。こうした場合、実際には1スピンドルの状態で使うことになるけど、機種としては2スピンドルに分類されるのが普通だ。

 なお最近は、フラッシュメモリーに基本ソフトやアプリケーションソフト、データファイルを保存して、ハードディスクを内蔵しないパソコンも登場している。これは、0スピンドル(ゼロスピンドル)と呼ばれている。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top