用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スパゲッティプログラム】

  • スパゲッティコード

 どっちでも同じ意味。複雑に絡み合って、簡単に理解できない状態になっているプログラムのこと。

 通常のパソコンソフトは、パソコン店で完成品を買ってくる。最初から組み込まれているプレインストールソフトや、インターネットなどで無料配布されているフリーウェアも、完成したひとかたまりのソフトウェアとして提供されている。

 一方、企業や大学、研究機関などが昔から使ってきたコンピュータのプログラムは、それぞれの目的に応じて開発されたものが多い。つまり、オーダーメード。しかも、こうしたソフトは往々にして、あとから改良が加えられている。

 で、何度も改良を加えていくと、プログラム全体の構造が複雑になって、どこがどうつながっているのか分かりにくくなってくる。ちょっとした変更でも、全体の構造を見ないと手が付けられなくなったりする。

 このように、グチャグチャになってしまったプログラムのことを、絡み合ったスパゲッティに例えて、スパゲッティコードとかスパゲッティプログラムという。コードは、ソースコードのこと。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top