用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スニッファ】

 LAN などのコンピュータ・ネットワーク上を流れるデータ(パケット)を監視したり記録(キャプチャー)したりするソフトウェア。ただし、対象となるのは平文だけ。暗号化されたデータは記録できない。

 スニッファ(sniffer)には、パケット・モニター、イーサネット・スニッファ、ネットワーク・アナライザー、通信パケットキャプチャーソフトなど、たくさんの別名がある。

 スニッファには、正しい使い方と、悪意のある使い方がある。

 正しい使い方をすると、

●内部ネットワークに不正なデータが流れていないか確認することで、ファイアウォールが正常に働いているか確認できる。
●ネットワークに不正侵入しようとする動きがないか監視できる。
●ネットワークにトラブルが発生してないか確認できる。
●ネットワークのユーザーが、禁止されたサイトにアクセスしたり、情報漏洩をしていないか監視できる。

 一方、悪意ある使い方をすると、

●他のネットワークに不正侵入する方法を探ることができる。
●ネットワークに不正侵入するための情報を収集できる。
●ネットワーク内のユーザーの行動を監視できる。

そのため、ある意味“盗聴ソフト”として使うことができる。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top