用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スナップショット】

  • システムの復元
  • 復元ポイント

 システムの復元は、ウィンドウズMe やウィンドウズXP に用意されている機能。この場合のシステムは、ウィンドウズ自体のことだと考えるといい。

 パソコンに新しいソフトをインストールすると、ハードディスクの中にそのソフトが組み込まれるだけでなく、システム(ウィンドウズ)にもそのソフトを使うために必要な情報が書き込まれる。

 あるいは、新しい部品を追加したり、新しい周辺機器を接続したりすると、それを使うために必要なドライバーソフトが自動的に組み込まれる。あるいは、自分で組み込む必要がある。このときも、システムに必要な情報が書き込まれる。

 その後、問題なく動けばいいのだけど、ウィンドウズ(システム)の調子が悪くなることがある。このとき従来は、最後に追加したソフトや部品やドライバーソフトを削除するのが一般的な対処法だった。しかし、システムの中に追加された情報は簡単に消えないので、完全に解決できないことが多かった。

 そこで、調子のいいとき、あるいは新しいソフトや部品や機器を追加する直前にシステムの状態を保存しておいて、問題が起きたら、調子がよかった頃のシステムを復元できる機能が用意された。

 これが、システムの復元だ。そして、保存されている過去のシステムの状態をスナップショットと呼んでいる。目の前の情景を気軽に撮影した写真をスナップショットというけど、システムのスナップショットは、そのときどきのシステムの状態を写し取った(記録した)ものになる。

 なお通常は、システムのスナップショットは定期的かつ自動的に保存されている。また、新しいソフトや機器を組み込もうとすると、その前に自動的に保存されることもある。さらに、自分で撮ることもできる。というわけで、実際に復元するときは複数のスナップショットから、どの時点のシステムに戻すか選べる。そして、これを復元ポイントと呼んでいる。

 ウィンドウズXP でシステムの復元を呼び出すには、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」を開く。ウィンドウズMe の場合は、「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」だ。なお、ウィンドウズ2000 などが組み込まれたパソコンの中にも、独自にこうした機能を追加している機種がある。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top