用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スコープ】

 ここでは、プログラミング用語のスコープを説明している。

 コンピュータ・プログラムの中では、変数や関数と呼ばれる機能が使われている。変数は、あるデータに名前をつけて、そのデータを一定期間利用できるようにしたもの。関数は、繰り返し行われる作業をひとまとまりの手順として記録し、命令を出すと必要な値を返してくれるようにしたものだ。

 そして、こうした変数や関数を利用するとき、そのプログラムの中のどの範囲から見たり呼び出したりできるか設定できる。この参照範囲のことを、スコープという。

 プログラム全体から参照できる場合は、グローバルスコープという。一方、特定の範囲(ブロック)の中だけで参照可能な場合は、ローカルスコープという。

 大きなプログラムの中で、どこからでも変数や関数を参照できるようになっていると予期しないトラブルの原因になることがある。たとえば、変数が多すぎると探すのに時間がかかるし、同じ名前のものがあると混乱するいったケースが考えられる。

 そのため通常は、ローカルスコープにして参照範囲をなるべく狭くしておく方がいい。

 このほか、特定のファイル内だけを参照できるファイルスコープ、インスタンスやクラスと呼ばれる範囲内で参照できるインスタンススコープやクラススコープもある。

 スコープ(scope)という言葉には本来、研究活動や思考などの「範囲」や「余地」といった意味がある。プログラミング用語のスコープの場合も、参照する「範囲」と考えると納得しやすい。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top