用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スクリーンセーバー】

  • 焼き付き

 パソコンの電源を入れたまま、しばらく使わないと画面に動きのある映像が出るよう設定されていることが多い。そして、マウスを動かしたりキーボードのボタンを押したりすると元の画面に戻る。この機能を提供しているのがスクリーンセーバーというソフトだ。

 かつて、デスクトップパソコンではCRTディスプレイを使うのが一般的だった。そして CRTディスプレイに長時間、同じ画面を表示していると「焼き付き」という現象が起きることがあった。これは、長時間表示していた画像が残像のように、うっすらと残ってしまうもので、これを防ぐのがスクリーンセーバーの役目だった。つまり、画面(スクリーン)を保護するもの(セーバー)だ。

 しかし今は、ほぼすべてのパソコンが液晶ディスプレイに変わった。液晶ディスプレイは焼き付きが起きない。そのため、今のスクリーンセーバーは絵や動きを楽しむアクセサリー的な意味が強くなっている。

 また会社などで、席を離れている間に他人に画面を見られたり、パソコンを勝手に使われないようにするため、スクリーンセーバーから元の画面に戻すときパスワードを入力するように設定することもできる。

 現在、ウィンドウズや OS X といった主要な OS には、標準でスクリーンセーバー機能が付いている。そして、自分で好きなものに変更することができる。また、インターネット上で提供されているスクリーンセーバーを取り込んで使用できることもある。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top