用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スキュー】

  • SKU

 SKU は、Stock Keeping Unit の略で、スキューと読む。あえて日本語にすれば「在庫管理のユニット(単位)」といった感じ。

 たとえばウィンドウズ・ビスタは、日本では 5種類が販売されていた(一般に購入できたのは 4種類)。さらに、新規パッケージ、バージョンアップ版、アカデミックパッケージなどがある。

 これらすべて値段も違うし、別々の商品ということになる。だから、パソコンショップでは個別に在庫管理しないといけない。この、在庫管理する最小の分類が SKU になる。

 だから SKU は本来、流通業界用語あるいはマーケティング用語ということになる。そして、単に「製品ラインアップ」くらいの意味で SKU という言葉が使われることも多い。

 なお現在は、商品の在庫管理にコンピュータシステムが使われている。そしてシステム導入の際は、どこまで細かく商品を分類・管理するか、かなり重要な問題だったりする。そのため、情報システムの世界でも SKU は重要なキーワードとなっている。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top