用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スキャナ】

  • イメージスキャナ

 パソコンに画像を取り込む装置。イメージスキャナということもあるけど、普通は単にスキャナと呼ぶことが多い。

 以前は、デザイナーなど仕事で画像を扱う人の専用機器という感じだった。しかし最近は、一般のパソコンユーザーにも普及している。スキャナで読みとった文章をテキストファイルに変換する OCRソフトの普及に伴って、普通のオフィスでも使われるようになった。

 ひとくちにスキャナといっても、いろいろな種類がある。まず一番手軽なのがハンディスキャナというタイプ。片手で持てる小型の装置で、取り込みたい画像の上をなぞる。簡単だけど読み込み精度はイマイチ。最近は、あまり見なくなった。

 最も普及しているのは、フラットベッドスキャナと呼ばれるタイプ。小型コピー機のような形で場所をとるけど使い勝手はいい。デザイン事務所などで使っているのは、ほとんどこのタイプ。ただし、もっと高い解像度が必要な場合はドラムスキャナという機器を使うこともある。

 ネガフィルムやポジフィルムから写真を取り込む、フィルムスキャナというのもあったけど、フィルムの減少とともに見かけなくなった。なお一時は、透過原稿ユニットが付いたフラットベッドスキャナでフィルムの画像を読み取るスタイルも流行った。

 このほか、シートフィード型というタイプもある。これは、読み取り部分に紙を通過させる方式なので原稿がペラの紙でないと使えない。ただし、OCR用に紙の資料を読み込んだり、紙の資料を PDF にして保存するには便利なので一部で根強い人気がある。

 スキャナの性能は、おおむね解像度で決まる。解像度が高いほど高性能。といっても特殊な業務に使うのでなければ、600dpiもあれば十分だ(フィルムスキャナを除く)。むやみに高い解像度で読み取っても、データが巨大になるだけで意味がない。

 パソコンとの接続方式は、今はUSB方式が主流だ。かつては、SCSI方式や IEEE1394方式に対応した機種もあった。さらにその前は、専用の拡張ボードを使う機種や、パラレルポート、シリアルポートを使う機種もあった。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top