用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【スキミング】

  • スキマー

 スキミングは、クレジットカードの磁気データを専用の機械で読み取る犯罪。そのデータを偽造カードに書き込んで悪用する。磁気データを読み取る専用の機械を、スキマーと呼ぶ。

 スキミング(skimming)の元となっているスキム(skim)という単語には、「すくい取る」とか「本などをザッと読む」という意味がある。

 データ読み取りの手口としては、飲食店などのクレジットカードを読み取る機械にスキマーを仕掛けたり、空き巣に入ってスキマーで読み取ったりする方法がある。

 クレジットカード自体を紛失したり盗まれたりすれば気がつきやすい。しかしスキミングの場合、本物のカードが手元に残ったまま偽造されて悪用されるので、利用明細書が来るまで被害に気づかないことが多い。

 最近では、銀行口座などのキャッシュカードをスキミングして偽造し、口座から現金を引き出す犯罪も発生している。

 こうした犯罪に対抗するため、最近はクレジットカード自体を ICカード化することが進められている。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top