用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ジャイロスコープ】

  • ジャイロセンサー
  • 角速度センサー

 一般に、ジャイロセンサーということが多いけど、ジャイロスコープや角速度センサーでも意味は同じ。

 ジャイロセンサーの役割は、傾きや角度、その傾きの速度(角速度)を検出すること。もともと、船や飛行機、ロケットなどの姿勢制御に使われていた。

 その後、どんどん応用範囲が広がって、今ではカーナビの走行状態を検出したり、デジタルカメラやビデオカメラの手ブレ防止、傾けて操作できるゲームコントローラーなどにも使われている。

 なお一般に、加速度センサーと混同されることがあるけど、加速度センサーは動きの速度の変化を検出するもの。役割と用途が違う。ただし、3軸のジャイロセンサーと3軸の加速度センサーを組み合わせた、6軸センサーといった高性能な機器もある。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top