用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シーディーロム】

  • CD-ROM

 CD-ROM は、パソコン用のデータが記録された銀色の円盤。

 まず CD は、コンパクト・ディスクの略。直径 12センチのプラスチックの円盤に、ピットと呼ばれる小さな突起を並べて、その長短でデジタル形式のデータを記録しよう、そしてレーザー光線を使って読み出そう、という規格に基づいた記録メディアだ。

 音楽CD も、まったく同じ規格で作られている。CD-ROM との違いは音楽が記録されているか、パソコン用のデータが記録されているか、という点だけ。

 ROM は、Read Only Memory(リード・オンリー・メモリー)の略で、日本語にすれば「読み出し専用の記憶(装置)」ということ。つまり記録してある情報を読み出すことはできるけど、自分で情報を保存することはできない、という意味。

 というわけで CD-ROM は、「パソコン用の情報を記録したコンパクト・ディスクで読み出し専用」ということになる。

 CD-ROM を普通の音楽CDプレーヤーで再生することはできない。ものすごい雑音がするという。そして、CDプレーヤーが壊れたり、耳が壊れたりすることもあるそうなので試さない方がいい。逆に、音楽CD をパソコン内蔵の CD-ROMドライブで聞くことはできる(最近は、一部制限のある CD もある)。

 なお今は、より容量の大きい DVD に需要が移ってきている。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top