用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シーシー】

  • CC

 電子メールの機能のひとつ。CC は「カーボンコピー」の略。カーボンコピーは本来、カーボン紙を使って書類などを複写すること。

 電子メールソフトで新規メール作成画面を開くと、宛先(TO)の下に CC または「カーボンコピー」という項目がある。

 たとえば今、Aさんに電子メールを送るとしよう。当然、宛先には Aさんの電子メールアドレスを入力する。しかし、参考のために「同じ内容を Bさんにも読んでもらいたい」ということがある。このとき、CC の欄に Bさんの電子メールアドレスを入力する。こうすると、Aさんにも Bさんにも同じ電子メールが送られる。

 そして、受信した側の電子メールには、TO の後に Aさんのアドレスが、CC の後に Bさんのアドレスが表示される。そのため、Aさんは「この内容は Bさんも読んでいる」ということが分かるし、Bさんは「このメールは本来、Aさん宛だ。自分には参考として送られてきた」と判断できる。

 このほかに、Aさんには内緒で Bさんに同じ電子メールを送る、BCC という機能もある。

 CC にも BCC にも、複数の電子メールアドレスを入力できる。そのため会社では、課長宛の報告書を CC で同じ課の人全員に送る、といったこともできる。CC と BCC をうまく使い分ければ根回しなどもできてしまう。

 また、CC にも BCC にも添付ファイルを付けられる。しかし、容量の大きなファイル(たとえば数MBとか)を付けて、たくさんの人(たとえば数十人とか)に送ると、かなりの容量になる。そのため、電子メールを管理しているメールサーバーというコンピュータに悪影響が出ることもあるので気をつけよう。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top