用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シリコンオーディオ】

  • デジタルオーディオ
  • メモリーオーディオ

 音楽CDや、インターネットを利用した音楽配信サービスからパソコンに音楽データを取り込んで、そのデータを携帯型のプレーヤーに移して聞くことができる。たとえば、MP3、AAC、ATRAC3、WMA といった音楽データの圧縮形式があって、それぞれのデータに対応した携帯音楽プレーヤーが発売されている。

 で、こうした携帯型の音楽プレーヤーの中で、メモリーに音楽データを記録するタイプの機種を、シリコンオーディオプレーヤー、デジタルオーディオプレーヤー、メモリーオーディオプレーヤーなどと呼んでいる。どれでも、意味は同じと思っていい。

 同じように、ソリッドオーディオプレーヤーということもある。しかし、ソリッドオーディオ(SolidAudio)は、TwinVQ という方式に対応した機器や技術で、正確にはデジタルオーディオの一部になる。

 これらの携帯型プレーヤーの共通点は、パソコンに取り込んで圧縮した音楽データを、メモリーカードまたはプレーヤーに内蔵のメモリー部品に記録して再生すること。カセットテープ、音楽CD、MD に対応した携帯型プレーヤーも普及しているけど、これらとはデータの記録方式が違う。ただし今は、ネットMD という技術もあって、これを使うとパソコンの音楽データを MD に記録することもできる。

 メモリーカードを差し替えるタイプなら、複数のメモリーカードを差し替えて違う音楽を聞くこともできる。しかし、メモリーカードの値段が高いので、別の曲に入れ替える場合は音楽データをパソコンに戻してから別の音楽データを取り込むのが一般的だ。また、こうして取り込んだり戻したりすることで著作権を守っている(無制限に不正コピーされないようにしている)ことが多い。

 なお、同じような方式で、主にインタビューや会議などの会話を録音するための機器もある。これは、ICレコーダーと呼ばれている。

 また、最近ではメモリーではなくハードディスクを内蔵していて、数千曲もの音楽データを持ち運べる機種も普及している。具体的には、アップル・コンピュータの iPod がある。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top