用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ショップブランド】

  • ホワイトボックス

 パソコンショップが独自に作ったパソコン。あるいは、パソコンショップが海外の小規模メーカーなどと提携して、オリジナル・ブランドとして売っているパソコンなどのこと。

 以前は、ショップブランドということが多かったけど、一時はホワイトボックス・パソコンと呼ばれることもあった。これは、大手メーカーのロゴマークが付いていない「白い箱のパソコン」という意味だとされる。

 一般的なウィンドウズパソコンの仕組みは標準化されている。そのため、好きな部品を選んで自分でオリジナル・パソコン(自作パソコン)を作ることもできる。同様に、パソコン店が独自に部品を買い集めて、その店のオリジナル・パソコンを作ることもできる。

 ショップブランドのパソコンは、完成品から選ぶだけでなく、好きな部品に付け替えてもらったり、部品のまま組立キットとして買って自分で組み立てられることも多い。

 ほとんどの場合、小さなパソコン専門店が扱っているので保証などの点で不安を感じるかもしれない。しかし販売しているパソコンそのものは、事前に動作確認されているから使えないということはない。初期不良があれば交換もしてくれる。さらに、あとで機能アップしたくなったとき、どんな部品を使うといいか相談に乗ってもらうこともできる。

 とはいえ、やはり自分でもある程度は勉強して、お店の人と仲良くならないと何かと辛いかもしれない。

 なお、ノート型のショップブランド・パソコンもあって、これはホワイトブックとも呼ばれた。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top