用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シャッター速度】

  • シャッタースピード

 これは、コンピュータ用語ではなくカメラ用語。フィルムカメラでもデジタルカメラでも使われている言葉。シャッタースピードでもシャッター速度でも同じ意味。

 カメラのシャッターというのは、カメラの中にある黒い幕で、フィルムの前面にある。そして、シャッターボタンを押すと、この幕が開いてレンズから入った光がフィルムに当たる。そして、一定時間で閉じる。

 この、シャッターが開いている間に写真が撮れるわけだ。だから、人に「シャッター押してください」と頼むことがあるけど、正確には「シャッターを開くためのボタンを押してください」と言っていることになる。

 さて、写真のフィルムというのは非常に敏感で、光の量が多すぎると写真が白く飛んでしまう(ネガフィルムは黒くなる)し、光が足りないと暗い写真になってしまう(ネガフィルムは透明になる)。そのため、ちょうどいい時間だけシャッターを開けないといけない。

 この、シャッターが開いている時間がシャッタースピード、あるいはシャッター速度といわれるものだ。実際によく見るシャッタースピードは、1/60とか1/250といった数字。これは、シャッターが開いてる時間が60分の1秒とか250分の1秒という意味。とても短い。

 デジタルカメラの場合も、基本的には同じこと。ただし、フィルムではなく CCD や CMOSセンサー に光が当たる。

 なお、デジタルカメラの場合、CCD や CMOSセンサーで受けた光を電気信号にして画像を記録している。そのため、まず電気を放電して(空の状態にして)光を受け、一定時間後に溜まった電気量を取り出すという方式を採っていることが多い。この場合、光を溜めている時間がシャッタースピードということになる。そして、このような方式を電子シャッターと呼ぶ。

 これに対して、従来の黒い幕が開くタイプのシャッターをメカニカルシャッターという。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top