用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【シャッター速度優先AE】

  • シャッタースピード優先AE

 これは、コンピュータ用語ではなくカメラ用語。シャッタースピード優先AE でもシャッター速度優先AE でも意味は同じ。

 フィルムカメラでもデジタルカメラでも、一眼レフタイプにはこの機能が付いている。デジタルカメラの場合、コンパクトタイプでも高機能モデルだと付いていることが多い。

 フィルムカメラの場合はフィルムに、デジタルカメラの場合は CCD や CMOSセンサーに一定量の光を当てることで写真を撮る。これを、露出という。

 露出は、シャッターを開けている時間(シャッタースピード)と、レンズを通り抜けてくる光の量(絞り)の組み合わせで決まる。シャッターボタンを押すだけで撮れるカメラや、プログラムオートと呼ばれる機能は、シャッタースピードと絞りをカメラが自動的に決めてくれる。

 しかし、写真に詳しくなると、状況に応じて自分でシャッタースピードを決めたいときがある。たとえば、動きの速いものを撮るからシャッタースピードを速くしたい、薄暗い場所で手持ちで撮るため手ブレしないようにシャッタースピードを速くしたい、水の流れを表現するためにシャッタースピードを遅くしたいといった具合だ。

 こんなとき、希望のシャッタースピードを自分で設定して、それに合った絞り値をカメラに決めてもらう方法(機能)をシャッタースピード優先AE という。AE は、Automatic Exposure の略で「自動露出」という意味。つまり、シャッタースピード優先AE とは、シャッタースピードを先に決めて自動的に露出を決定するということだ。

 通常は、カメラのダイヤルを S や Tv と書かれた位置に合わせて希望のシャッタースピードを設定、シャッターボタンを半押しにするとカメラが適切な絞りを決めてくれる。

 ただし、あまりにも速いシャッタースピードや、あまりにも遅いシャッタースピードを設定すると、露出アンダーや露出オーバーの警告が出ることが多い。この場合は、警告が出ない範囲に設定し直そう。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top