用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【システムフォルダ】

 かつてのマック(マックOS)にとって、もっとも大切なプログラムが納まっていたところ。これがなくなったり壊れたりすると、マックを起動できなくなる。「システムフォルダ」という名前を変えてもいけない。

 ただし、OS X ではシステムフォルダが廃止されて、「Library」フォルダや「システム環境設定」に機能が分散されている。そのため、この説明はマックOS 9 までの話として読んでほしい。

 通常、マッキントッシュのハードディスクは Macintosh HD となっている。そして、これをダブルクリックで開くと、必ず「システムフォルダ」というフォルダがあった。

 システムフォルダを開くと、さらにたくさんのフォルダやプログラムが入っている。全部が全部ではないけど、ほとんどのプログラムが非常に重要なものだ。要するに、マックOS の肝の部分がここに入っていた。

 ただし、コントロールパネルの中の設定は、自分の好みに合わせて変えることができた。といっても普通は、システムフォルダから開くのではなく、画面左上のアップルメニュー(リンゴマークのメニュー)から「コントロールパネル」を開く。ここから先は、コントロールパネルのページで。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top