用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【サブドメイン】

 まず、ドメインの意味を確認してほしい。インターネットでいうドメインは、企業や学校、団体などの組織を識別するための記号。この記号をドメイン名ともいう。

 たとえば、一般的な企業のホームページのURLは「http://www.*****.co.jp/」となっていることが多い。もちろん実際には、「*****」の部分は、その会社の名前や略称になる。

 そして、この中の「*****.co.jp」をドメインという。その会社に電子メールを送るときは、宛先が「abcdefg@*****.co.jp」といった感じになって、ここにもドメインが含まれている。この「*****.co.jp」、つまりドメインは、その会社のインターネット上の住所と社名のようなものだ。

 「co」の部分は組織の種類を表していて「co」は一般企業という意味。政府機関なら「go」、大学などの教育機関なら「ac」、プロバイダーなどネットワークサービスの提供者は「ne」が多い。 最後の「jp」は日本(japan)を表している。もちろん、国が変われば記号が変わる。

 つまりドメインは、右側に行くほど大きな括りを示している。逆に、それぞれの括りのすぐ左にある記号をサブドメインという。上記の例なら、「co」は「jp」の、「*****」はco」のサブドメインといえる。

 ただし一般的には、特に「*****.co.jp」の前の「www」の部分をサブドメインということが多い。実はこの部分は、それぞれのサイト運営者が好きな名前をつけられる。

 たとえば、会社全般の情報を提供しているホームページの URL を「http://www.*****.co.jp/」にして、商品情報のサイトは「http://product.*****.co.jp/」、ユーザーサービスのサイトは「http://service.*****.co.jp/」といった具合に分けることが可能だ。

 この場合、「www」「product」「service」が「*****.co.jp」のサブドメインということになる。

さの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top