用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【サウスブリッジ】

  • ノースブリッジ

 パソコンの中にあるメインの基板、マザーボードにはチップセットと呼ばれる重要な部品が取り付けられている。

 チップセットは、簡単にいえばパソコン内を行き来するデータの交通整理(中継)をしている半導体部品だ。

 現在のパソコン用チップセットは、ほとんどがノースブリッジとサウスブリッジのふたつの部品で構成されている。タワー型と呼ばれる本体が大きめで縦長のパソコンでは、マザーボードの上の方にノースブリッジが、下の方にサウスブリッジがある。地図の南北と同じ位置関係だ。

 そしてノースブリッジは通常、CPU、メモリー、PCIバス、AGPバスの間でデータの受け渡しをする。一方のサウスブリッジは、ハードディスク、CD-ROMドライブ、ISAバスなどの間でデータの受け渡しをする。もちろん、ハードディスクのデータをメモリーに渡すため、ノースブリッジとサウスブリッジの間もつながっている。

 また最近は、ノースブリッジの中にビデオチップの機能を組み込んだ製品も出ている。

さの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top