用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ゴシック体】

  • 明朝体

 どちらも印刷物などに広く使われている文字の種類。「明朝体」は「みんちょうたい」と読む。

 もともと印刷業界の用語で、特にパソコン用語というわけではない。しかし、今のパソコンは少なくとも明朝体とゴシック体の文字データを最初から内蔵していて、ワープロソフトはもちろん表計算ソフトでも電子メールソフトでもグラフィックソフトでも使うことができる。

 明朝体は、雑誌の本文などに使われていることが多い。横棒より縦棒の幅が広くて、横棒の右端に三角の出っ張りがある書体だ。一方のゴシック体は、新聞や雑誌の見出しに使われることが多い。全体に太めで角張った感じの書体だ。

 といっても実際には、明朝体にもゴシック体にも、たくさんの種類がある。線の太さが違うだけでなく、明朝体なら縦棒と横棒の太さの差が大きかったり小さかったりする。

 そのため、○○明朝、□□明朝、といった感じで、1台のパソコンに複数の明朝体が入っていることが多い。どれでも好きな明朝体を使っていいけど、場合によっては印刷したときガタガタの文字になってしまうこともある。そんなときは、印刷用の書体に指定し直そう。

 日本語の文字だけでなく、英数字にも明朝体とゴシック体がある。しかし通常は、日本語書体に合わせて、英数字も適当な書体が自動的に選ばれるようになっている。

 なお、パソコンで使われている書体には、ほかにもいろいろな分類法がある。詳しくは、フォントのページを見てほしい。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top