用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンポーネント映像端子】

 テレビと HDD&DVDレコーダーなど、AV家電を接続するためのコネクター。映像を送るためのもので、音声は別途ケーブルをつなぐ必要がある。コンポーネント映像端子のことを、色差入力端子と呼ぶこともある。

 従来、映像の送信にはコンポジット映像端子というものが広く使われていた。しかしコンポジット映像端子は、1本のケーブルで輝度信号、色信号、同期信号という 3つの信号を複合して送るため、映像の劣化が大きい。

 そのため次に、S端子というものが普及した。これは、輝度信号と色信号を分けて送信するため、コンポジット映像端子より画質がいい。

 コンポーネント映像端子では、色信号を B-Y色差信号(青色差信号)と R-Y色差信号(赤色差信号)に分けて送信する。そのため、S端子よりさらに高画質。ただし、3本のコネクターを接続する必要があって、ちょっと面倒だ。コネクターの色は、緑・青・赤になっている。

 さらに、従来(標準画像)のテレビでは B-Y色差信号を Cb といって、R-Y色差信号を Cr という。そのため、従来のテレビに対応したコンポーネント映像端子を Y/Cb/Cr と呼ぶ。一方、ハイビジョンに対応したテレビでは、B-Y色差信号を Pb 、R-Y色差信号を Pr といって、Y/Pb/Pr と呼ぶ。ちなみに、Y は輝度信号のこと。

 最近では、3つのコネクターをひとつにまとめ、さらに制御信号も送れるようにした D端子が普及して、コンポーネント映像端子を備える機器はあまり多くない。コンポーネント映像端子と D端子の変換ケーブルもある。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top