用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンピュータウイルス】

  • ウイルス

 パソコンに感染する謎の宇宙病原体、というのはウソ。人間が作ったプログラムの一種だ。普通のプログラムと違うのは、悪意を持って作られたもので害はあっても役には立たないこと。やっかいな代物だ。

 コンピュータウイルスは、普通のソフトやファイルに付着してパソコンのハードディスクに潜入する。そして、決まった日時になると勝手に起動して変な画面を表示したり、最悪の場合はデータを破壊してしまう。

 かつては、フロッピーディスクを通じて感染するケースが多かった。特にソフトを違法コピーすると、その中にウイルスが潜んでいるかもしれない、といわれたものだ。

 しかし最近は、インターネットやLANなどのネットワーク経由で感染する例が圧倒的に多い。いずれにしても、まともなプログラムファイルやデータファイルに寄生して入ってくる。

 一時期、話題になったのが、ワード(ワープロソフト)やエクセル(表計算ソフト)のマクロ機能を使って作られた「マクロウイルス」と呼ばれるもの。これが、電子メールの添付ファイルに付いて入って来る。そのため従来のウイルスより感染力が高かった。

 感染を防ぐには、以前は出所不明の記憶メディアは使わない、内容が疑わしい電子メールは開かない、というのが基本だった。今はインターネットから、むやみにファイルをダウンロードしないことが重要だ。

 対策としては、ウイルスを発見して退治してくれるウイルス対策ソフトが普及しているので、これを使って予防することが不可欠だ。ウイルスは次々と新種が登場しているので、ウイルス定義ファイルを常に最新の状態にしておく必要がある。

 なお、従来型のウイルスのほかに、ひとつのプログラムとしてコンピュータに侵入するものがあって、これはトロイの木馬と呼ばれている。また、電子メールを使って勝手に自分の分身をばらまくワームの被害も広がっている。さらに、ホームページを開いたり電子メールをプレビューするだけで感染する強烈なタイプも登場している。

 通常、これらすべてをウイルスということが多い。ただし本来、ウイルスはファイルに付着して入ってくるものだけを指す。その他のタイプを総称する場合は、マルウェアという方が適切だ。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top