用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンパクトフラッシュ】

  • CFカード
  • Compact Flash

 コンパクトフラッシュ(Compact Flash)は、大きめの切手くらいのメモリーカード。

 同じようなものに、スマートメディアやメモリースティック、SDメモリーカード、マルチメディアカード、xDピクチャーカードなどがある。これらの中でコンパクトフラッシュは、やや厚みがあって大柄な部類になる。

 コンパクトフラッシュ、パソコン用というよりデジタルカメラの画像を記録するメディアとして使われるケースが多かった。つまり、この中にデジタルカメラで撮影した写真が画像データとして保存される。

 デジタルカメラの写真をパソコンへ移すには、専用ケーブルでカメラとパソコンをつなぐほか、コンパクトフラッシュに対応したカードリーダーを使う方法と、PCカード型の専用アダプターを使う方法がある。PCカードアダプターを使うにはパソコン側にPCカードスロットが必要だ。

 ノートパソコンより小型のハンドヘルドPCやポケットPCといったPDA(携帯情報端末)の中には、PCカードアダプターを介さずに、直接、コンパクトフラッシュを挿せる機種もあった。この場合、デジタルカメラの写真だけでなく、文書などの保存やデータ交換にもコンパクトフラッシュを利用できた。

 CFカードは基本的に、コンパクトフラッシュと同じ意味。CFは、Compact Flash の略だ。ただし、CFカード型のモデムやLANカード、周辺機器を接続するためのインターフェース・カードといったものもある(ただし普及率は低かった)。そのためCFカードという言葉が、小型のPCカード的な機器といった意味あいで使われることもあった。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top