用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コントロールキー】

  • Ctrlキー
  • controlキー

 キーボードにある特殊なキー(ボタン)。ウィンドウズパソコンの場合、文字入力キーの両脇にあって「Ctrl」と書かれている。ただし小型のノートパソコンだとひとつのこともある。マッキントッシュの場合は、キーボードの左側にあって「control」と鉛筆マークが書かれている。

 ウィンドウズパソコンの場合、別のキーと組み合わせてショートカット・キーとして使うことが多い。たとえば上書き保存は「Ctrl」と「S」、コピーは「Ctrl」と「C」、貼り付けは「Ctrl」と「V」といった具合。また、複数の項目を選びたいときは、Ctrlキーを押しながらマウスでクリックしていくといい。

 マッキントッシュの場合も、別のキーと組み合わせて命令を出すために使う。しかし、ショートカット・キーはコマンドキーを使うため、controlキーを使う機会は少ない。一例としては、フリーズした場合の再起動は「コマンド」と「control」と「電源ボタン」を同時に押す。

 なお、このように別のキーと組み合わせて使う特殊なキーとして、ウィンドウズパソコンには他にもAltキーやShiftキーがある。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top