用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア】

  • CGM
  • 消費者作成メディア

 CGM は、Consumer Generated Media(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)の略で、日本語では「消費者作成メディア」と呼ばれることもある。

 従来、情報は作り手(送り手)と受け手が分かれていた。新聞や雑誌、テレビやラジオなどは専門の報道機関が情報を作り、一般の消費者がそれを享受するというのが普通だった。

 しかし、インターネットの普及で、特に Web2.0 という新しい潮流の出現で、一般の消費者が情報の発信者になるケースが増えている。

 WWW が登場した当初から、個人でもホームページを作れば情報を発信することができた。しかし、個人ホームページの運営は手間がかかり、実際には誰にでもできることではなかった。

 しかし最近では、さまざまなサービスが登場して、誰でも簡単に情報発信できるようになってきた。その結果、CGM が急速に発展している。

 具体的には、ブログ、掲示板、SNS などがある。このほか、大手オンライン・ショッピング・サイトの商品紹介記事や Wiki なども CGM の仲間といえる。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top