用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コピー&ペースト】

  • コピペ
  • コピー

 パソコンの操作中に頻繁に使う機能。あるいは基本的な操作方法。
コピーは、文章や画像などのデータを複製するときに使う。普通は、複製したいファイルを選んで「編集」メニューから「コピー」を選べばいい。

 ただし、これだけだとまだ複製されない。次に複製を作りたい場所にカーソルを移して(普通は、マウスの矢印を移動してクリックする)、「編集」メニューから「貼り付け」を選ぶ。すると、カーソルのある場所にファイルが現れる。このとき、同じフォルダの中に「貼り付け」すると、ファイル名に「コピー~」といった文字が自動的に追加される。

 もっと簡単に、ドラッグ&ドロップでファイルをコピーする方法もある。コピーしたいファイルを選択して、マウスのボタンを押したまま別のドライブまで引きずっていけばいい。ただし、同じドライブの中だと移動になって複製が作られない。

 また、文書の一部や画像の一部をコピーすることも多い。たとえば文章を書いていて、その一部を繰り返したい場合、繰り返したい部分だけ選択して(マウスで反転させて)「表示」メニューから「コピー」を選ぶ。そして、カーソルをコピーしたい場所に移して「貼り付け」を選べばいい。

 コピーする文章は長くてもかまわない。数十ページくらいあっても問題ない。コピーの対象は数字でもいいし、図形や写真、音のデータでもいい。パソコンのデータなら、どんなものでも同じ操作でコピーできる。

 後半の操作を、ウィンドウズでは「貼り付け」というけど、マッキントッシュでは「ペースト」という。で、コピーから貼り付け(ペースト)までの一連の操作をコピー&ペースト(コピー・アンド・ペースト)という。略してコピペということもある。また、これと似た操作にカット&ペーストがある。

 「コピー」と「貼り付け」(ペースト)は便利な機能だけど、いちいちマウスで「編集」メニューから選ぶのはめんどくさい。どっちもショートカット・キーに対応しているから、それを覚えると便利だ。

 さて、なぜこうした操作ができるかというと、パソコンの中にコピーしたデータを一時的に保存しておく場所があるため。それをクリップボードという。クリップボードには、パソコンのデータなら何でも一時保存できる。ただし基本的には、保存できるデータはひとつだけ。そのため「コピー」の操作をするたびに、最後にコピーしたデータに置き換わる。

 しかし一度「貼り付け」(ペースト)をしても、そのデータはクリップボードに残っている。だから繰り返し「貼り付け」(ペースト)すれば、同じデータ(文章や図形)を増やすことができる。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top