用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コピーレフト】

  • GPL

 GNU という活動をしている人たちが主張・実行している著作権(コピーライト)に対する考え方。GPL は、General Public Licence の略。

 市販ソフトには著作権がある。そして、著作権を根拠に、ソフトの制作者はユーザーに対して使用条件を課している。たとえば、一定台数以上のパソコンで使ってはいけない、勝手にコピーしてはいけない、改変してはいけない、再配布してはいけない、といったことだ。

 フリーソフトと呼ばれるソフトも、自由に使っていいけど著作権までは放棄していない、だから勝手に改変してはいけない、というケースが多い。

 一方、パソコンが普及する前からコンピュータを使っていた研究者の間には、「ソフトウェアは公共の財産、誰もが自由に使えるようにすべき」という考え方が根強くある。そして、こうした人たちの間では、単に自由に使えるだけでなく必要に応じて改変もできるように、ソフトの元データにあたるソースコードも公開するのが当然とされている。

 GNU の活動をしている人たちは、この方式を守るためにコピーレフトという概念を打ち出している。

 たとえば、フリーソフトとしてソースコードまで公開すると、それに改変を加えて新しいソフトを作った人が、「改変部分には自分の著作権がある。だから、無償公開はしない。元はフリーソフトだけど、自分が改変したソフトはお金を出して買ってほしい」と言い出す可能性がある。

 そのため GNU では、「制作したソフトの著作権は手放さない。だけど自由に使っていい、改変したり、それを再配布してもいい。ただし、このルールを変えてはいけない」としている。最後の「ルールを変えてはいけない」という条件によって、ソフトを改変した人も同じルールで公開しないといけないことになる。

 なお、Copyright(コピーライト)の right は「右」ではなく「権利」という意味。しかし、ここではシャレで「左」という意味の left に置き換えてコピーレフト(Copyleft)と言っている。また left には、leave の過去分詞形として「そのままにしておく」「とってある」といった意味があり、「著作権を残してある」という意味を兼ねているとも言われる。

 この、コピーレフトの具体的かつ代表的なルールとして GPL がある。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top