用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【クロスブラウザー】

 現在、インターネットのウェブページを閲覧するブラウザーとして、多くの人がマイクロソフト社のインターネット・エクスプローラを使っている。

 しかし以前は、ネットスケープ・ナビゲーターが普及していたし、今はアップル社のサファリやグーグル社のグーグルクローム、モジラ財団のファイアフォックスなどを使っている人もいる。

 さらに、多くのブラウザーにはウィンドウズ版、マック版、リナックス版といった種類があるし、同じブラウザーでもバージョンによって対応する機能が違ったりする。

 こうした状況で問題になるのが、同じウェブページを表示しても、使っているブラウザーによってレイアウトが崩れたり、細かな機能が無効になったりすることだ。その結果、サイト制作者が意図した効果が得られるとは限らない。

 そのため、ブラウザーの種類やバージョンが違っても、同じように表示され、同じように機能させるための工夫や技術が生み出されてきた。こうした工夫や技術を、まとめてクロスブラウザーという。

 特に、ジャバスクリプトと呼ばれるプログラム言語を使ったとき、表示内容や効果に差が出やすい。そのため、ライブラリと呼ばれる補助プログラム集を作って機能差に埋めることが多い。

 なお最近は、どのブラウザーでも同じように表示しようとするのではなく、ブラウザーの機能に応じて表示内容に差が生じることを認めたプログレッシブ・エンハンストという考え方も広まっている。

くの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top